1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緊急」急げ過払い金返還請求「SFCG、アイフルの情報」

 
 このブログにコメントを寄せて頂いている打倒さんより
 緊急のお知らせです。
 
 過払い金返還請求はお早めに。

 打倒さんの情報を受け、塞翁も調べてみました。
 すると、こんな記事が見つかりました。

 アクセスジャーナル

 ロイター

 いずれも、SFCGの記事です。
 破たんしたリーマンブラザーズからの借り入れがあるようです。
 株価も2日連続ストップ安となっています。

 734億3300万円の借り入れがあり
 返済や借り換えの結果、減少したが
 9月18日時点で52億9000万円の借り入れが
 残っている。

 SFCGは運転資金などの大半を外資、なかでも破綻した
 リーマン・ブラザーズの日本法人リーマン・ブラザーズ証券
 に最も頼っていたみたいです。

 それと塞翁が気になったのは、アクセスジャーナルの
 記事にSFCGの数々の疑惑が書かれていて、驚きました。
 まだまだ、塞翁の知らない事が多いですね。
 それと、どこから借り換えしたのでしょうね?
 まだSFCGに貸し手がいたのですね。

 今後の経済状況は悪化すると言われており
 その影響により、貸し渋り、貸し剥がしが起こり
 企業の資金繰りが心配されます。
 大手消費者金融では、バックに銀行がいない
 アイフル、武富士の動向が注目されます。
 アイフルは第1四半期の決算において借入の
 返済に追われている事が伺えます。
 株価もアコム、プロミスに比べ安い水準(19日現在868円)と
 なっていて、厳しい状況が伺えます。
 これ以上の過払い返還に対応する体力が
 残っているかどうか微妙ですね。

 大手消費者金融は徐々にアコム、プロミスの
 2社に絞られてくるかも知れません。

 三和の件も有りましたし、消費者金融の破綻は
 ますます、多くなってくると思われます。
 過払いなのに請求先が無い・・・と言う事にならない為に
 くれぐれも、返還請求は、お早めに。

 それにしても、銀行から消費者金融への貸出金利
 いくらだと、思いますか?
 なんと、1%台なんですよ
 金利が15%~20%に下がったとしても
 
 ぼろ儲けじゃないですか

 ホント素直に返して下さい頼みますよ~

 打倒さん。情報提供有難う御座いました。


*この記事は、確実性のある記事では有りません
*あくまでも、管理人独自の見解です。


  ぽちっと押してやってください。お願いします

人気blogランキングへ 人気ブログランキング

にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ





スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近のコメント
人気ランキング
     ぽちっと押してやってください。お願いします 人気blogランキングへ 人気ブログランキング           目指せ!ランキング1位上がれ~
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

塞翁

Author:塞翁
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。 相互リンクも可能です。 お知らせください。
  • 管理者ページ
  • ユーザータグ

    RSSフィード
    いらっしゃいませ
    カウンター
    ヤフーBB
    Yahoo! BBの
    QRコード
    QRコード
    ブログ内検索
    人気ブログランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    広告スペース
           サイト運営の強い味方、皆様のブログにもマイクロアドを!              リスクなし会員登録無料です。           ↓クリック↓ マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
    過払い関連の本
    広告スペース
    無料会員登録してブログに張ろう  さらに友達紹介で高額報酬ゲット affiliate B        1000万円当たるかも!? 懸賞                     FXで資産運用 みんなのFX FX 為替 FX 比較なら FX FXプライム アイフォレックス 為替レート 7FX クリック証券 外国為替証拠金取引
    フリーエリア

    ジオターゲティング
    ページランク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。