1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者との死闘 対アイフル

業者との死闘 対アイフルです。

 アイフルは、執拗に減額和解をせまってきます。
 みなしについては、留保してきますし、
 悪意の受益者については、争ってきます。
 途中完済している場合の一連主張に対しては、
 かなり、執拗に、争ってきますので、
 油断していると、「敗訴」になりかねません。

履歴の請求

 アイフルに電話して履歴を請求しました。
 特に問題も無く、送ってくれます。

6日後

 履歴が配達記録にて到着。
 早速、確認。
 ん。
 何か、小さい紙がホッチキスで履歴と一緒にとめてありますよ。
 それに、何か書いてあります。
 (抜粋)
 「尚、本計算書は、貴殿と弊社の取引の性質や内容に関係なく
 取引を一連して記載している部分もありますが、取引の一連性
 契約の同一性を認めたものではありません。後日、場合によって
 は、本計算書とは異なる計算方法による計算書を提出する事を
 付記致します。」
 なるほど、アイフルさん。
 つまり、素直に、返さないよって事ですね。
 でも、俺には、争点がないのですよ。
 まっ、取りあえず、引き直しますか。
 すばやく、ソフトに打ち込んでいきます。
 アイフルの履歴は、1ページ32行あり(キリが悪い。)
 16ページもありました。
 引き直し計算が終わり、金額が、出ました。

 237万656円、となりました。

 よしっ。どうせ素直に返してこないのなら、
 即、提訴でいきますか。
 と言うことで、今回は、返還請求書は送らずに
 提訴する事にしました。
 
13日後
 
 訴状を作成し、裁判所に。
 今回は、プロミスの訴状作成に時間が掛ってしまったので
 少し遅くなってしまいました。
 プロミスとアイフルを一緒に提出しました。
 問題なく、訴状が受理され、ひと安心。
 その帰りに次の案件であるCFJ(ディック、ユニマット)の
 代表者事項証明書を取りに法務局に寄り、帰宅。
 アイフルを某巨大掲示板やネットで情報収集すると
 あまり、評判がよろしくない。
 ん~。
 こりゃ2回目まで(口頭弁論)行くのかな。
 と思い、「みなし返済」と「悪意の受益者」
 について、再度情報収集し直し、念には念を入れ
 勉強しました。
 まあ、負けることは無いだろうから、判決まで
 頑張るつもりで、裁判に挑みますか。


 業者との死闘 対アイフル2に続きます。


 過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


 
 
スポンサーサイト

業者との死闘 対アイフル2

業者との死闘 対アイフル続きです。

実はアイフルは、業界最大手なのです。
かなり儲かっているはずなのですが、負債も多いみたいです。
また、プロミスやアコムみたいに、バックに大銀行がいません。
ですので、過払い金返還が原因で資金繰りが出来ず、
倒産に至ったクレディア(上場企業)のようになる可能性も
あります。過払い金請求は、お早めにしましょう。


第一回口頭弁論一週間前
  
 第一回口頭弁論一週間前にアイフルより答弁書が
 届きました。
 予想通りの答弁書でした。 
 「みなし弁済」    留保する
 「悪意の受益者」  否認する
 争点は、これだけです。
 また、答弁書中に「和解金の提示」が有ったのですが、
 金額が低すぎます。
 (別にアイフルが作った引き直し計算書も添付されていました。
  5%利息が付いていない、過払い元金のみの計算書です。
  この計算方法ですと、こちらの請求の70%程度になる。)

 この額では、納得出来ないっス。
 これは、すでに訴状文中に含んでいる事ですので、
 特に反論する事では無いのですが、一応準備書面を作リました。

 *注意*
 結果につきましては、当方責任が持てません。
 自己責任でお願します。

準備書面例です


平成19年(0)第000号不当利得金返還請求事件
原告 塞翁 が馬
被告 アイフル株式会社 

             準 備 書 面 
                      
                        平成19年00月00日
00地方裁判所00支部0係 御中

                        原告  塞翁 が馬  
                        00県00市000000
                              123-1
                       TEL(000)00‐0000

    被告の「答弁書」に対して以下のとおり反論する。

1,被告の答弁書中の「請求の趣旨に対する答弁」に
  対し以下のように反論する。
1,否認する。原告は不当利得請求権に基ずき請求している。
2,否認する。

「被告アイフルの主張」に対し以下のように反論する

1, 被告の主張第1,「みなし弁済について」,否認する。
被告は、本件取引において貸金業規正法43条の要件を全て
充足していると主張するが、本件取引において法43条に
定められた「みなし弁済」の成立する余地はない。
貸金業規正法43条に定められた「みなし弁済」の要件は,
貸付弁済の各取引の際に,17条書面、18条書面を交付すること
のみならず,債務者が約定利息を利息としての認識を持ち,
任意に支払うことが要件とされている。
ところが,被告の金銭消費貸借契約書には,「期限の利益喪失」
条項があるが,その場合には、債務者が約定利息を支払うことを
事実上強制するものであり,任意の支払いとは言えない。
(最二小判平成18.1.13、最一小判平成18.1.19、最三小判平成18.1.24)
よって,本件取引には貸金業規正法43条の要件を全て充足している
とはいえず「みなし弁済」の成立する余地は全くない。
もっとも,被告は「みなし弁済」の主張立証を留保するものであるから
原告の主張する不当利得返還請求権に対して,被告は争う意思
のないものと推認する。

2, 被告の主張第2,「悪意の受益者について」,争う。
 民法704条の悪意とは,受益者が法律上の原因のないことを知り,
もしくは知り得るべき状況の下で受益したことを言う。
貸金業の登録業者であれば,過払金の発生については,原則的に
悪意と言ってよい。
すなわち,被告は貸金業の登録業者として,
原告と包括的消費貸借契約を締結
するに際し,原告から弁済を受ける利息,損害金が利息制限法の
法定利率を超えていることを認識し,かつその後なされた取引も
取引履歴のとおり貸付けと弁済が行われたことを把握している。
かかる認識からすれば,被告は原告が借入と返済を繰り返すうちに
いずれ過払の状態になることを認識していたことは明白である。
貸金業者が単にその独断に基づいてみなし弁済が成立すると
判断していただけでは,善意と言うことはできない。すなわち,
貸金業規制法43条の要件事実を充足するような適法な要件を
具備した書面を原告に交付し,その書面の写しを保管し,訴訟
において疎明できるほどに整えていない限り,善意と言えない。
一般に,不当利得者が,その利得にかかる法律上の原因の
不存在を基礎づける事実につき,これを認識している場合には,
当然に「悪意の受益者」となるのであって,法令の存在を
知らなかったり,誤った法解釈に基づいて法律上の原因があるものと
誤解していたりしたとしても,そのことは結論に影響を及ぼさない。
以上のことから、被告は、悪意の受益者で有り,過払金が発生した
時点から5%の利息を負担する義務が生じる。
(最二小判19,7,13)

3,被告の主張第3,「和解案の提示について」,否認する
被告は悪意の受益者であるから,過払い利息を除いた被告の
「別紙,計算書」では,被告の主張を推認する事になる為,
和解出来ない。
また,和解するにしても,原告の主張する金員と被告が提示した
金員とでは,大きな開きがある為,到底納得出来ない。

原 告 の 主 張

原告は被告から他の具体的な主張がないのであれば,
本件については早期の判決を求めます

付属書類
準備書面副本  1通
                               以上


これを、第一回口頭弁論当日に提出しました。
本当なら、もっと前に提出した方が良いです。
第一回口頭弁論当日に提出しても、業者側に届くのに
時間が要るので、一回目に陳述した事にならず、
第二回口頭弁論時に準備書面の陳述となります。
(FAXで送った方が早いです。)

第一回口頭弁論

 もう何回か来ているので、慣れています。
 最初のように40分前に着たり、ぶっ倒れる事もなく、
 余裕をブチかまして、法廷内に入廷しました。
 書記官に準備書面を渡し、自分の順番を待ちます。


業者との死闘 対アイフル3に続きます。
 

業者との死闘 対アイフル3

業者との死闘 対アイフル3です。

第一回口頭弁論

  事件番号が読み上げられます。
  はい、俺の番ですね。
  「えっと、左から左からっと」

 判事  「塞翁さんですか」

 塞翁  「はい塞翁です」

 判事  「不当利得金返還請求
      事件です。訴状を陳述ですね。」

 塞翁  「ハイ」

 判事  「被告欠席ですので、擬制陳述です。」

 判事  「被告答弁書より和解金の提示が
       なされていますが、どうしますか?」

 塞翁  「それでは、到底納得出来ません。
      本日準備書面を提出していますので
       その書面の通りです。」

 判事   (準備書面を読みながら)
      「双方、金額等に争いがあるようですね。
       それでは、次回期日を決めましょう」

 塞翁  (んっ。金額に争い。って事は、アイフルの
       主張は、無視って事ですね。判事さんエライ)心の声

 判事  「それでは、0月0日でどうですか?」
        (28日後)

 塞翁  「はい。大丈夫です。」

はい、これで第一回口頭弁論が終わりました。

それから10日後(良く覚えていない)位に
裁判所より電話連絡が来ました。

 書記官  「塞翁様でしょうか?」

 塞翁   「はい

 書記官  「被告より当裁判所に連絡がありまして
        和解交渉したいので、電話連絡を下さい
        と言うことですが」

 塞翁   「こちらが、ですか?」

 書記官  「よければ、ですけど」

 塞翁   「和解できるか解りませんが
       連絡してみます。」

 書記官  「連絡先、解りますか?」

 塞翁   「いえ、解りません」

 書記官  「それでは、言いますので
        000の000さんです。」

 塞翁   「解りました。」


次の日、アイフルへ電話してみました。

 塞翁  「あの、00裁判所より連絡を
      受けて、お電話しているのですが」

 ??  「はい、失礼ですが、お名前と
       生年月日よろしいですか」

 塞翁  (はいはい。いつものお約束ですね。)心の声

  しばらくして


 担当  「お電話変わりました。00です」

 塞翁  「裁判所より連絡がありまして
       和解交渉したいと言う事ですが」

 担当  「はい、和解したいと考えております。
      それで金額なのですが、180万でどうでしょうか?」

 塞翁  「はぁ、その金額では、受け入れられません。
       請求は237万ですよ57万ちょいの減額ですよ」

 担当  「それでは、197万では、どうですか?」

 塞翁  「本当に、交渉する気が有るのですか?」

 担当  「それ以上は、とても払えません。」

 塞翁  「解りました。決裂ですね。」

 担当  「ちょっと待って下さい。解りました。
       上と掛け合いますので、一週間後に
       お電話差し上げても宜しいですか?」

 塞翁  「どうぞ、」

 担当  「それでは、一週間後、お電話致します。」


長くなってしまったのでアイフル4に続きます。
       
        

業者との死闘 対アイフル4

業者との死闘 対アイフル4です。

それから、一週間後に電話が掛って来ました。

 担当  「私、アイフルの00と言いますが
       塞翁さん、ご在宅でしょうか」

 塞翁  「はい、塞翁ですけど」

 担当  「こんにちは、塞翁さん、早速ですが,
       先日の和解交渉の件ですが、
        塞翁さんは、いくら位なら応じて
         頂けますか?」

 塞翁  「いくら位も何も、本当なら、支払日までの
       利息と訴訟費用まで頂けないかと思って
        いるのですが」

 担当  「やはり、それは、払えません。先日は
       197万までと言いましたが、こちらも
        努力致しました結果、210万で
         どうでしょうか?」

 塞翁  「00さん、私は、買い物しているのでは,
       有りませんよ、この間は、197万を提示し
       今日は、210万って、どう言う事ですか
       私が、この間、和解していたなら、その差
       13万は、もらえなかったお金ですよね。
       そんな、駆け引きは、やめにしましょう。
       腹割って話しましょう。」

 担当  「・・・・解りました。
      (少し沈黙の後)
      塞翁さん、今日の限界は、230万まで
      しか出せません、今日、和解に至らない場合は
      次回になります。」

 塞翁  「それでは、今日合意しなかったら
       次回は、満額出ますね。」

 担当  「たぶん、満額出せると思いますが
       私は、腹割って話しましたので
       今日で和解してもらえないですか。」

 塞翁  (げっ。失敗した。そうくるとは思わなかったっス)
      「そうですか、00さんの熱意に免じて
       230万で和解しましょう。」
      (あわっ。マジ失敗したよ。満額ほし~い)

 担当  「はい。それでは、和解書を送りますので
      必要事項を、ご記入後送り返して下さい」

 担当  「それから、訴訟の取り下げをお願します。」

 塞翁  「次回に調停をもらいますので、その後で
       良いですか?」 
      (今さら、うっそぴょン、なんて言えないよな)

 担当  「はい、それで、良いです。
       それでは、お願します。」

 塞翁  「はい、わかりました。」 (泣く泣く、和解してしまった)


完全に、失敗した。

 まさか、そう来るとは、思ってなかった。

まさに、想定外だった。(古い

 これは、失敗交渉の例です。
 7万の減額で和解してしまいました。

そして、第二回口頭弁論で「調停」をもらい、
訴えを取り下げました。

後は、入金を待つのみとなります。

入金予定日に口座確認に行き、入金確認。

やった~230万入金なり~

アイフルは,7万減額の230万で和解となりました。


以上で俺の、地裁案件は、すべて和解となりました。

三洋信販・・・訴前和解

アコム、プロミス、アイフル・・・地裁案件

後の4社は簡裁案件です。

CFJ、GE、武富士、日本プラム・・・簡裁案件

でも、これからが、本当の死闘になりました。


      次回に続く


 過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ




        
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近のコメント
人気ランキング
     ぽちっと押してやってください。お願いします 人気blogランキングへ 人気ブログランキング           目指せ!ランキング1位上がれ~
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

塞翁

Author:塞翁
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。 相互リンクも可能です。 お知らせください。
  • 管理者ページ
  • ユーザータグ

    RSSフィード
    いらっしゃいませ
    カウンター
    ヤフーBB
    Yahoo! BBの
    QRコード
    QRコード
    ブログ内検索
    人気ブログランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    広告スペース
           サイト運営の強い味方、皆様のブログにもマイクロアドを!              リスクなし会員登録無料です。           ↓クリック↓ マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
    過払い関連の本
    広告スペース
    無料会員登録してブログに張ろう  さらに友達紹介で高額報酬ゲット affiliate B        1000万円当たるかも!? 懸賞                     FXで資産運用 みんなのFX FX 為替 FX 比較なら FX FXプライム アイフォレックス 為替レート 7FX クリック証券 外国為替証拠金取引
    フリーエリア

    ジオターゲティング
    ページランク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。