1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者との死闘 対プロミス

業者との死闘 対プロミスです。


もし、業者側が履歴を途中からしか開示してこなかったら。
こちらに、証拠(領収書、契約書等)が揃っている場合は、
楽に、戦えるのですが、証明する書類等、証拠になるものが、
何も無い場合は、業者側の抵抗が強くなり、かなり、
争う事になります。

業者に返済した時の、領収書を一枚も欠かさず持っている
几帳面な人もいるかもしれませんが、ほとんどの人が、
その場で廃棄していると、思います。
捨ててしまっている場合、正確な金額(過払い金の)
業者が、履歴を出さない為に解らなくなってしまいますよね。

例えば、履歴が返済から始まっているとします。(途中開示)
通常は、借り入れから始まります。
引き直しが終わって、残高がマイナスにならなかった場合
つまり、過払いにならなかった場合に、未開示の部分があれば
マイナス(過払い)になる可能性も有りますよね。

でも、業者側は、廃棄したなどと言って、履歴を開示してきません。

履歴があれが過払いになる可能性があるのに・・・

裁判となった時に、証拠も無いし、どう説明すれば・・・

こまってしまいますよね。


でも、大丈夫です。

履歴が無い場合の計算方法があるのです。

それを

証拠が無い場合 残高0計算

証拠が有る場合 推定計算

と言います。

残高〇計算とは、こちらに、証拠が無い場合に使います。
引き直し計算時に、いきなり返済から始める方法なのですが
これだと、始めに借り入れを入力しないので
初回返済時から、いきなり、過払いが発生しますので
裁判時かなり争う可能性が高いです。


推定計算とは、こちらに、証拠(領収書、契約書等)が
揃っている場合につかいます。
この方法だと、証拠がありますので、裁判時に
認められる可能性が高く、業者側も納得します。

また、残高〇計算の場合の
主張・立証義務は業者側(被告)にあります。

推定計算の場合の
主張・立証義務は、こちら側(原告)にあります。

ですので、残高〇計算の場合、裁判時に業者が
反論しない場合は、認められる可能性が高くなります。
推定計算の場合は、こちらが、証拠を出し判事や
業者側を納得させる必要があります。

いづれも、決定するのは、判事ですので
判事が納得出来るような、理論、文章
考えて戦わなければいけません。

尚、業者側には、取引履歴を開示する義務があり

開示しない場合には、損害賠償請求

可能です。

ちなみに、私の場合は、損害賠償請求は、しませんでした。

詳しくは、のちほど、履歴不開示の時にと言う
カテゴリを作成しますので、少々お待ち下さい。

長くなってしまいましたが、対プロミス(履歴途中開示)戦へと続きます。


過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ





スポンサーサイト

業者との死闘 対プロミス2

業者との死闘 対プロミス、続きです。

1日目

 プロミスに電話して、取引履歴を開示請求する。

4日目

 プロミスから、配達記録にて履歴が届く。
 早速、履歴を取り出して見たところ、

 おわっ。分厚い

 それもそのはず、プロミスの履歴は、1ページ20行と
 アコムや三洋信販に比べて、1ページの行数が少ないのです。
 総ページ数24枚になってます。
 実は、このページ数、後々手間がかかることになります。

 なぜ?

 履歴は書証(証拠)として提出しますので、
 甲第一号証と記入して提出するのですが、
 ページ数が多いと「甲第一号証の1」、「甲第一号証の2」
 とゆうふうに、すべてのページに記入しなくては、いけません。
 これ結構、手間がかかり、大変な作業なのです。

 話がそれましたので元に戻ります。

 そして、はじめから確認する事に、って


 おい、おい

 
 いきなりかよ


 通常、履歴の始まりは借り入れからとなります。
 ですが、プロミスの送ってきた履歴は、
 最初から返済となっているでは,有りませんか
 と言う事は、それ以前に取引が始まっていたと言う事ですよね。
 これは、オカシイゾ、プロミスさん。

 そもそも、いつからの借入れだったのか。


 ん~、たしか・・・・

 
 まったく、記憶に御座いません。・・・

 
 
 よしっ。電話してみよ。

 塞翁  「もしもし、本日そちらより取引履歴が届いたのですが
       少し聞きたい事がありまして。」

 プロ  「はい、お客様の、お名前、生年月日
       を宜しいですか?」

 塞翁  「塞翁です。昭和00年00日生」

 プロ  「塞翁 が馬 様でございますか?」

 塞翁  「少々お待ち下さい」

 

 少々お待ち下さい

 
 プロ  「お待たせ致しました、00と申します。
       どういったご用件でしょうか?」

 塞翁  「えっとですね、履歴が途中からしか開示
       されてないのですが、どうしてでしょうか?
       私の記憶によれば、もう少し以前から
       取引しているのですが」 
       (まったく、記憶に無いが、そこは,ご愛嬌)笑

 プロ  「・・・少々お待ちください」
    
 塞翁  {また、待つのですか}笑

 プロ  「塞翁様の履歴に関してのご質問なのですが、
      塞翁様の履歴は、所持していません。」

 塞翁  「はぁー、それは、どう言うことでしょうか?」

 プロ  「いや、それが、廃棄してしまっていると
      思われるのです。」

 塞翁  「それでは、履歴が存在しないと言う事ですか?」

 プロ  「はい、そのようになります。」

 塞翁  「損害賠償の対象になりますよ。」

 プロ  「仕方有りません。」

 塞翁  「解りました。」

 プロ  「はい、失礼致します。


対プロミス3に続く

「今日で11月が終わります。
 明日から師走となりますね。
 過払い請求に取り組んでいらっしゃる人は
 今年中に解決すると良いですね。
 忙しい時期ですが、風邪などひかぬように
 体調管理に気をつけられるように。
      どうぞ、ご自愛下さい。  塞翁。」
       
 過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

業者との死闘 対プロミス3

 業者との死闘 対プロミスの続きです。
 
 プロミスは、どのような案件であっても(金額の大小、関係なく)
 「訴訟してくれ」と言ってきます。
 ですので、プロミスの場合は、返還請求書を送らずに、
 「即提訴」した方が、より早く解決できると、思います。


 と言う事で、対プロミス提訴となりました。
 まず、プロミスの場合、争点が有ります。
 プロミスの送ってきた履歴は途中開示ですので、
 過払い金の計算方法を「残高ゼロ計算」にするか、
 「推定計算」にするか、選択しないといけません。
 俺の場合は、送ってきた履歴以前に取引があった事を
 証明するような証拠が有りませんし、いつから借り入れたのか
 記憶もあまりありませんので、主張・立証責任が業者側にある
 「残高ゼロ計算」を採用する事にしました。
 (残高ゼロ計算の詳しい内容は、後ほどUPします。)
 ですが、この方法ですと、かなり争う事が予想されますので
 判事を納得させれるだけの訴状を作成する必要があります。
 また、「残高ゼロ計算」の場合、文書提出命令(文提)を
 提出しておけば、より効果的でしょう。
 (俺の場合は、提出していません。文提の書式も後ほどUPします)
 早速、訴状の作成に取り掛かりました。

 とは言ったものの、判事を納得させられる文章・・・

 他人に文章で伝える、とゆうのがこんなに

 ムズカシイ事とは、思いませんでした。
 口頭で言うのでさえ、困難な事なのですから、文章でとなると・・・
 
 頭が、ちぎれる位、考えました。
 (普段まったく使っていない事を実感しました。)
 
 考えに考え

 試行錯誤し

 訴状作成に2週間を費やしました。

 その間、プロミスから、ふざけた電話があり、
 「早く提訴してくれ」と言われ、
 ますます、怒りが増してきました。

 と言う事で、訴状完成です。
 あくまでも、私の案件で使用したものであり、
 すべての案件に当てはまるものでは、ありません。
 参考にしても構いませんが、その結果については、
 くれぐれも、自己責任でお願します。

               訴  状 


00地方裁判所 民事部 御中
                       平成19年00月00日

郵便番号 000-0000
00県0000市00000-0
電話番号 000-0000-0000
原 告  塞翁 が馬 


郵便番号 000-0000
東京都
電話番号 03-0000-0000
被 告  プロミス株式会社
上記代表者代表取締役  00000


事件名 不当利得金返還請求事件

訴訟物の価額   金000万0000円
貼用印紙額        0万0000円

              請 求 の 趣 旨


1,被告は原告に対し,金000万0000円及びこれに対する
平成19年0月00日から支払い済みまで年5%の割合による
金員を支払え。
2,訴訟費用は被告の負担とする。
3,この判決は仮執行することができる。との判決を求める。


             請 求 の 原 因

1,当事者の表示
被告は,全国に支店を持ち,原告のような消費者に対し貸付を
行う,近畿財務局登録の貸金業者である。
原告は,会社に勤務する一般人である。

2,原被告との取引
原告は,被告株式会社プロミスとの間に,遅くとも平成4年
00月00日に金銭消費貸借契約を締結し原告は取引履歴
(甲第一号証)のとおり金銭を借入れ,平成19年0月00日
に至るまで,借入れ,弁済を繰り返してきた。

3,被告の不当利得
原告と被告との間の上記金銭消費貸借取引について
定められた利率は,利息制限法所定の上限利率を上回る
ものであり,当該取引を利息制限法所定の上限利率によって
再計算し(別紙,利息制限法による計算書)その際,
原告が被告に対して弁済した金員について,利息制限法
1条1項所定の制限利率を超える部分を元本に充当し,
過払金が発生した場合には,その発生日の当日から次の
取引きの前日までの間,民事法定利率である年5分の割合
による利息を付け,過払金及びその利息が発生している
時点で新たな借入れがあった場合には過払金及びその
利息をこの新たな借入れの弁済に充当するものとして
計算すると借入元金を完済しているばかりか,
金310万6422円の過払いを生じている。
同過払金は債務が存在しないのに,原告はそれを全く知らず
支払われた金員であり,被告は法律上の原因なくして同額の
利得を得た事になる。

4,悪意の受益者
被告は貸金業者であるから,利息制限法による引き直し計算
をすれば過払いになることを当然承知しており,原告から弁済
を受ける際,これを知りながら,原告からの弁済を受けてきた
のであるから,悪意の受益者として其の受けたる利益に利息
を附して返還する義務を負う。
また不当利得返還請求権は民事債権であり,本件取引に係る
弁済のうち利息制限法所定の制限を超えて支払われた利息に
関する不当利得返還請求権について民法404条が適用される。
そして被告は前記のとおり過払金の発生当初から民法704条
所定の悪意の受益者であったのであるから,各過払金に対して
その発生当日から民事法定利率である年5%の割合による利息
を支払う義務が生じる。
民法704条の悪意とは,受益者が法律上の原因のないことを知り
,もしくは知り得るべき状況の下で受益したことを言う。
貸金業の登録業者であれば,過払金の発生については,
原則的に悪意と言ってよい。
すなわち,被告は貸金業の登録業者として,原告と
包括的消費貸借契約を締結するに際し原告から弁済を受ける利息,
損害金が利息制限法の法定利率を超えていることを認識し,
かつその後なされた取引も取引履歴のとおり貸付けと弁済が
行われたことを把握している。
かかる認識からすれば,被告は原告が借入と返済を繰り返す
うちにいずれ過払の状態になることを認識していたことは明白である。
貸金業者が単にその独断に基づいてみなし弁済が成立すると
判断していただけでは善意と言うことはできない。
すなわち,貸金業規制法43条の要件事実を充足するような
適法な要件を具備した書面を原告に交付し,その書面の
写しを保管し,訴訟において疎明できるほどに整えていない
限り善意と言えない。
一般に不当利得者がその利得にかかる法律上の原因の不存在
を基礎づける事実につき,これを認識している場合には当然に
「悪意の受益者」となるのであって法令の存在を知らなかったり,
誤った法解釈に基づいて法律上の原因があるものと誤解して
いたりしたとしても,そのことは結論に影響を及ぼさない。
以上を前提として,本件金銭消費貸借の取引経過について
民事法定利率にしたがって過払金に対する未払利息を計算
すると平成19年0月00日の時点で,金00万0000円の
未払利息が発生している。

5.原告の主張
原告は,被告に対し原告と被告との間に存在した,
全ての取引履歴を開示するよう求めた。これに対し,
被告は全ての取引履歴を開示せず(取引履歴のうち
平成4年0月00日以降のもの「甲第一号証」を開示)
その開示した履歴以前の履歴を開示しないため,原告は
自己の債務の見直しに困窮する事になった。
被告の取引履歴の保存,及び開示に関する対応は,全国に
多数の支店を持つ,財務局登録の金融業者の対応としては,
貸金業規制法同施行規則第17条1項,及び商法19条3項の
規定する保存期間に基づいても,およそ考えがたいものであり
違法性を有している。
ところで,被告は,貸金業の規制等に関する法律に定められた
登録を受けた貸金業者であり,同法に定められた
規制を受けるものである。
貸金業登録業者が,貸金業規制法同施行規則第17条1項,
及び貸金業規制法19条の規定に違反して業務帳簿を備え付けず,
業務帳簿に前記記載事項を記載せず,若しくは虚偽の記載をし,
又は業務帳簿を保存しなかった場合については,
罰則が設けられている。
(同法49条7号。貸金業規制法施行時には同条4号)
以上のような貸金業規制法の趣旨に加えて,原告は過払金
の金額を正確に把握できずに,大きな不利益を被る可能性が
あるのに対して貸金業者が保存している業務帳簿に基づいて
債務内容を開示することは容易であり,貸金業者に特段の
負担は生じないことに鑑みると,貸金業者は,債務者から
取引履歴の開示を求められた場合には,その開示要求が濫用
にわたると認められるなど特段の事情のない限り,貸金業規制法
の適用を受ける金銭消費貸借契約の付随義務として,信義則上,
保存している業務帳簿(保存期間を経過して保存しているものを含む)
に基づいて全ての取引履歴を開示すべき義務を負うもの
というべきである。
そして,貸金業者がこの義務に違反して取引履歴の
開示を拒絶したときは,「最高裁平成17年7月19日判決」に
基づき,その行為は,違法性を有し,不法行為を構成している為,
厳重に処罰されるべきものである。
なお本件において,被告が原告の全取引履歴を有していないことに,
特段の事情はない。また,取引期間が長期間であるほど
過払金額も高額になるのが通常であるところ,被告から
取引履歴に関する資料が提出されなければ,正確な過払金額を
算定することが不可能となり,結果として,貸金業者にとって
有利になる場合が多いものと解される。
原告と被告との間の平成4年0月00日以降の金銭消費貸借取引
の貸付年月日,貸付金額,返済年月日,及び返済額については,
取引履歴(甲第一号証)のとおりであるが,平成4年0月00日
以前の取引履歴については,被告が開示に応じないため現段階では,
当該期日以前の取引については,残高を無視して計算した。
原告は,現段階では,残高無視計算でしか算定方法が無い
のであるが,被告より平成4年0月00日以前の具体的な貸付残高と,
その貸付残高に至る取引履歴の主張・立証があれば,
再度利息制限法所定の上限利率によって引き直し計算し,
正確な金員に訴えを変更する。
以上を前提として,原告は被告に対し,不当利得返還請求権に
基づき,金000万0000円及びその過払金に対する民事法定利率
である年5%の割合による未払利息金00万0009円の合計である
金000万0000円,並びに金000万0000円に対する
平成19年0月00日から支払い済みに至るまでの民事法定利息である,
年5%の割合による利息の支払いを求める。


証 拠 方 法
書証
 甲第一号証     計算書(被告作成)

付属書類
1 訴状副本        1通
2 代表者事項証明書    1通
3 甲号証写し       1通
                            
                             以上





業者との死闘 対プロミス4に続きます。


過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


 
 

業者との死闘 対プロミス4

 業者との死闘 対プロミス4(完結)

 訴状が完成したので、いよいよ裁判所へ提出します。
 裁判所へ行くのも、抵抗がなくなってきました。
 緊張する事も無く、アイフルの訴状と一緒に提出。
 訂正個所も無く、一発OKでした。
 ただ、文書提出命令(文提)を提出しようか迷いましたが、
 訴状の文中に、
 「不開示部分の開示があれば正確な金額に訂正する」
 と言う文章を書き込んでいる事と、文提を提出しても
 なかなか、提出命令が出ない事を考えると、訴状文中に
 含ませておけば、充分かな?と思い、提出しませんでした。
 あとは、プロミスの出方次第で、臨機応変に対応する作戦です。

数日後
 
 裁判所より、呼び出し状が届き、第一回口頭弁論期日
 が決りました。
 29日後の予定です。
 今回は、アイフルと一緒です。(アイフルは、アイフルとの死闘で。)
 争点としては、残高ゼロ計算だけですので、
 ある程度の準備書面の下書きをいくつか、用意し
 戦いにそなえます。

第一回口頭弁論の一週間前

 もうそろそろ、業者から答弁書が届く頃なのですが、
 待てど暮らせど、いっこうに届きませんよ。
 とうとう、第一回口頭弁論の前日となりました。

 プロミスさん遅くないスカ?

 もしや、当日に渡されるのですか?
 そんな、急に渡されても、対応できないっすよ。
 (当日に渡された場合は、答弁書をよく読み次回期日)
 (までに、書面にて反論します。と答えておきましょう。)

 もしかして、業者側代理人(弁護士)が出てきたり
 しませんよね。
 え~弁護士とやり合うのか?
 などと、少し心配になってきましたよ。
 (一回目は、業者側ほぼ100%欠席です。)
 (地裁の場合は二回目に必ず出てきます。)

そして、第一回口頭弁論当日

 少し、緊張しながら法廷内に入ると、書記官が
 近づいてきます。
 
 書記官  「塞翁さん、被告から答弁書が届いていますが」
 
 塞翁   「はい。(やっぱりね)」

 書記官  「えっと、和解金が提案されているようですよ。」

 塞翁   「えっ。」

 答弁書を読んでみると、ビックリでした。
 残高ゼロ計算の反論がいっさい無く、
 ほぼ、こちらの主張を認めてきました。
 開示されてきた分だけの過払い金は272万2663円
 なのに対し、残高ゼロ計算で計算すると376万4879円
 になりますから、+104万の上乗せになるのです。
 それに対し、プロミスの和解金は、なんと。

 
 380万円を支払う


 と書いてあるでは、有りませんか。(約4万円も多い)
 アリガトウ。プロミスサン。和解させて頂きます。
 いや、和解させて下さい。

 塞翁   「あの、これで、和解したいのですが。」
 
 書記官  「あ~そうですか。それでは、
        判事の方に、お伝え下さい。」

 塞翁   「わかりました。」

 事件番号が呼ばれ、俺の番になりました。

 判事  「塞翁さんですか?」

 塞翁  「はい。」

 判事  「訴状を陳述しますか?」

 塞翁  「はい」

 判事  「被告欠席の為、答弁書の犠制陳述になります。」

 判事  「が答弁書中に、和解金が提案されていますが
       原告はどうしますか?」

 塞翁  「はい。和解したいと考えています。」

 判事  「そうですか、和解となりましたら、訴訟費用等は
       出ませんけど、良いですか?」

 塞翁  「はい。」

 判事  「それでは、調停と言う形にしましょうか?」

 塞翁  「はい。それでお願します。(この判事、手際が良い)」

 判事  「それでは、後ほど書記官の方から説明しますので」

 塞翁  「はい。有難う御座います。」

 なんだか、呆気なく、解決となりました。
 かなり争うだろうと、勉強したのに勇み足となってしまいました。
 正直、ほっとしましたが、経験のために、
 争ってみても良かったかな?とも思いました。

 26日後、約束どおり

 380万円 バンザーい

 入金されていました。

 これで、プロミスは無事に解決となりました。

 
過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


  
 
 
 
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近のコメント
人気ランキング
     ぽちっと押してやってください。お願いします 人気blogランキングへ 人気ブログランキング           目指せ!ランキング1位上がれ~
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

塞翁

Author:塞翁
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。 相互リンクも可能です。 お知らせください。
  • 管理者ページ
  • ユーザータグ

    RSSフィード
    いらっしゃいませ
    カウンター
    ヤフーBB
    Yahoo! BBの
    QRコード
    QRコード
    ブログ内検索
    人気ブログランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    広告スペース
           サイト運営の強い味方、皆様のブログにもマイクロアドを!              リスクなし会員登録無料です。           ↓クリック↓ マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
    過払い関連の本
    広告スペース
    無料会員登録してブログに張ろう  さらに友達紹介で高額報酬ゲット affiliate B        1000万円当たるかも!? 懸賞                     FXで資産運用 みんなのFX FX 為替 FX 比較なら FX FXプライム アイフォレックス 為替レート 7FX クリック証券 外国為替証拠金取引
    フリーエリア

    ジオターゲティング
    ページランク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。