1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者との死闘 対アコム①

私が最初に取り掛かった業者が、アコムです。

ここから、私の過払い金返還請求が始りま、最終的に8社から、総額1300万円もの過払い金が返還される事になりました。

某巨大掲示板等では、比較的に楽な相手だと言う事でしたが、なにぶん初めてでしたので、緊張の連続でした。
アコムとの取引は、18年で分断なしです。つまり、利息のみ延々と、支払って来たということ(涙)

『50万位返って来るとイイナぁ…』
と思っていたのですが・・・ 


1日目

アコムへ連絡して取引履歴を請求しました。アコムの電話対応は、とても好印象で、特に何も言われる事無く
『1週間程度で到着すると思います』との事。
履歴の到着を待つ間、『この様子だと、すぐに返還してくれそうだな~』と思ってました。 

3日目

3日後とは、早!!
ご丁寧に記録郵便にて封筒が送られてきました。
開けてみると、お取引明細書と書かれた書面が入っていました。
『なるほど。これが、取引履歴ね~』と思って見てみると
なんと、1ページ50行×6ページにぎっしり

そりゃそうです、なんせ18年も取引があったのですから(涙)
その取引の全記録が詳細に記載されています。
『これ全部入力すんのかよー!?』と挫けそうになりましたが、
『これでお金が返ってくるのなら』 と、気を取り直して、早速、引き直し計算を始める事に…
 
『はぁ…』
やっと1ページ終わり、間違ってないか確認。
この時点で約1時間経過…かなり疲れました。
しかしお金を取り返すため、ちょっと一休みして2ページ目へ…
『はぁぁ……』
なんとか2ページ目も終了。
間違いが無いか確認…


しかしもう限界…
 
 
っと、ふと引き直し計算ソフトの残高を見て『びっくり!!』
残高4万7622円!?!?

マジですか!?!?、まだ2枚目ですよアコムさん!

もう、疲れなど、ぶっ飛びました。
  
3ページ目以降、私はキーボードと一体化していました。
物凄いスピードで、引き直し引き直し、どんどん残高がマイナスになる!
しかも、その数字がトンでもない事に!
引き直し終了後、間違っていないか何度も確認。

  この数字は、もしや夢ですか??
 
いやいや、間違い無く現実です。
なんと、5%利息込みで、

 
総額289万7846円
 にっ、にっひゃくはちじゅうきゅうまん・・・
 
アコムさん、アリガトウ。絶対、取り返させて頂きます。


  
4日目

配達記録郵便にて、アコム本社へ、「不当利得金返還請求書」を郵送しました。

さあ、アコムさん早く返してね!



10日目

アコムより連絡があり、『ムカついた』で書いている通りの対応をされた…。

 アコム、ゆるさんぞ(怒)
 よ~しっ やってやる!やってやるよ!!裁判だ!! 
 

その日から、猛勉強の日々が続きます。
某巨大掲示板などで情報を集めて Q&A本も購入し、寝る間も惜しんで猛勉強
 
こんなに勉強したのは、いつ以来かな~?
まあ、学生時代に、この位勉強してれば、借金しなくてもいい位、稼いでいたかもですね(笑)
ということで、訴状も、何とか自分なりにアレンジできたし、やりますよ!裁判!!



24日目

今日は某地方裁判所00支部に訴状を提出する日。
ドアを開けた瞬間…みんなの、視線が冷たく感じます(涙)

 うぅ~ 息がつまります~

と、とにかく、地裁の受付へ行かねば。

  
塞翁 「あの~スミマセン(なぜか、謝る)
     訴状を提出しにきたのですが…」

受付 「はい、それでは、そちらにお座り下さい」

塞翁 「はい」

受付 「訴状見せてもらえますか」

塞翁 「はい」(ゴソゴソとバックから訴状をとりだす)

受付 「不当利得金返還請求事件ですね。」

塞翁 「はい」

受付 「それでは、確認しますので、少々お待ち下さい。
     あっ、塞翁さん、個人訴訟ですか?」

塞翁 「はい」


 ……ずいぶん待たされた……


受付 「塞翁さん」

塞翁 「ハイ」

受付 「2ページ目と3ページ目の、ここ、超える
    と言う字が、越える、になっていますので
    訂正して、下さい。」

塞翁 「うわっ、はっハイ」 そそくさと訂正(恥)

受付 「訂正は、そこだけです。今回が初めてですか? 」

塞翁 「はい」

受付 「良く出来ていますよ。」 

塞翁 「ヨカッタ~。事前に電話していましたから予納郵券や
    貼用印紙は間違いないと思ったのですが、
    その他は自信がなくて・・」

受付 「これで、受け付けておきますね。それと事件番号
    言いますね。00000です。」

塞翁 「はい。お願します。」

受付 「それから、後ほど、裁判所より、期日が決り次第、 担当より連絡が
    来ますので、何か有りましたら担当書記官の方へ、お尋ね下さい」

塞翁 「はい。有難う御座いました。」


あ”~緊張した(汗)こんなんで裁判大丈夫かな~?

私の管轄裁判所では、思ったほど事務的な対応では無く、何も解らない私に、丁寧に答えていただきました。

さて、期日が決るまでに、また勉強しておかないと!!

                   続く

過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーサイト

業者との死闘 対アコム②

対アコム続きです。

それから11日後

  特別送達で裁判所より封筒が届きました。
 開けてみると、呼び出し状です。
 36日後ですか、ちょっと遅くない?
 まあ、仕方ないですね。

猛勉強・猛勉強・モーレツに勉強

それから29日後
   
  また、特別送達で裁判所より、何か届きました。
 開けてみると、なになに「答弁書」ですか?
 ははあ。これが噂の答弁書ですね。なるほど。
 早速、読んでみると。

 被告は,原告に対し292万(おっ、少し増えてるよ。)の
 支払い義務がある事を認める、と書いてある
 和解案の提示がありまして、21日後に限り振込み
 と書いてありますよ。

 早速、アコムに電話してみます。

 私 「あ、もしもし00さんいらっしゃいますか?」

アコ 「失礼ですが、 お名前と生年月日を・・・・」

 私 「塞翁です。00年0月0日・・・」

アコ 「少々お待ちください」

アコ 「お待たせいたしました、00です。塞翁さんでしょうか」

 私 「ハイ、塞翁です」(おっ、この前と、対応が違うゾ)

 私 「答弁書、読みました。それで、和解したいと思いまして。」

アコ 「はい、有難う御座います。それでは
     裁判所より、和解に代わる決定をもらって下さい。」

 私 「はぁ、地裁では、その決定は出来ないと思いますよ。」

アコ 「いえ、判事に伝えれば、同じ効果のある
     決定をくれると思いますので。」

 私 「ハイ、解りました。それで」

アコ 「その決定後、和解書を送りますので,
    必要事項を記入して、印鑑を押し、送り返してください。」

 私 「はい、解りました。」

アコ 「それでは、宜しくお願いします。失礼します。」

 私 「はい。」


それから7日後
     
 第一回口頭弁論、ついにきました。

 あ”~緊張するな~

 取りあえず。30分前に行動してその時にそなえます。

 予定より40分も前に裁判所に着き、法廷の前の張り紙を見て
 自分の事件番号と名前を探します。
 ハイ、ありました。

 よし中に入ってみよ。
 
 と、中に入ろうとした、まさにその時

 ドアを開けようと、ドアノブを引っ張って見ましたところ

 うわっ、ずどっ~ん。 痛っいて~

 なんと、カギが掛っていて開きません。
 勢いあまって、ぶっ倒れてしまいまして、
 とっさに、周りを見回して誰もいない事を確認後
 何事も無かったように、振舞いました。{思い出して、笑ってます。}

 40分も早く着いたせいで、何もする事が無く、その場にいるのも
 いやだったので、2つ隣の喫茶店でコーヒーを頂き、時間をつぶして
 5分前に法廷前に到着。
 さすがに、今度は人がいます。(15人ほど)
 私のほかに、7件の過払い請求が行なわれる予定です。
 私を含め、5案件が個人訴訟みたいです。

00時00分

  裁判が始まりました。
 私は、何番目か解りません?かなり緊張する。
 事件番号が呼ばれ、前の人(原告代理人、弁護士です)が
 判事に向かって左側の席に座ります。
 「なるほど、左からね。」
 相手は、欠席で答弁書の擬制陳述のようです。
 3分ほどで終了しました。
 2人目、3人目も弁護士のようです。

 そして4人目、「事件番号00000」
 「あわっ、俺だよ、弁護士の次かよ」
 「左から左からっと」
 
 判事  「塞翁さんですか」

  私  「ハイ」

 判事  「訴状を陳述しますか?」

  私  「はい」

 判事  「被告側、欠席ですので、答弁書を擬制陳述
       となりますが、答弁書中に和解案が提示されて
       いますが、どうでしょうか?」

  私  「はい、和解をしたいと考えています。」

 判事  「それでは、解決の仕方がいくつかあるのですが。」

  私  「はい、調停してもらえれば良いのですが。」

 判事  「解りました、これは、判決と同じ効果が
        ありますから強制執行等も行なえます。」

  私  「はい、解りました。」

 判事  「それでは、後の事は、書記官より
       説明が有りますので、従ってください。」

  私  「有難う御座いました。」

 終了5分ほどでした。

 書記官に、口座番号を教えて、取り下げ書、
 を提出するようにとの事です。

その帰りに、アイフルとプロミスの訴状を提出してきました。


それから14日後

  ドキドキしながら銀行へ

  入ってました292万円

 やった~ばんざ~い


 これでアコムとの戦いが終わりました。

                次に続く

過払い金返還請求の普及にご協力願います。
人気blogランキングへ 人気ブログランキング


にほんブログ村ランキングにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

 
   
     
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
人気ランキング
     ぽちっと押してやってください。お願いします 人気blogランキングへ 人気ブログランキング           目指せ!ランキング1位上がれ~
最近の記事
最近のトラックバック
プロフィール

塞翁

Author:塞翁
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。 相互リンクも可能です。 お知らせください。
  • 管理者ページ
  • ユーザータグ

    RSSフィード
    いらっしゃいませ
    カウンター
    ヤフーBB
    Yahoo! BBの
    QRコード
    QRコード
    ブログ内検索
    人気ブログランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    広告スペース
           サイト運営の強い味方、皆様のブログにもマイクロアドを!              リスクなし会員登録無料です。           ↓クリック↓ マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
    過払い関連の本
    広告スペース
    無料会員登録してブログに張ろう  さらに友達紹介で高額報酬ゲット affiliate B        1000万円当たるかも!? 懸賞                     FXで資産運用 みんなのFX FX 為替 FX 比較なら FX FXプライム アイフォレックス 為替レート 7FX クリック証券 外国為替証拠金取引
    フリーエリア

    ジオターゲティング
    ページランク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。